尺八奏者 吉田長生 公式サイト

尺八奏者 吉田長生 公式サイト

ごあいさつ

ごあいさつ

こんにちは。尺八奏者の吉田長生です。
ようこそお越し下さいました。

私は春の海の作曲者・初演奏者の吉田晴風の曾孫として産まれ、6歳の6月6日、初めて尺八に触れました。
それ以来、様々なところで尺八を奏でてまいりました。

尺八は遠い存在のように思われているかもしれませんが、熱いパワフルな面とわびさびを併せ持つ、わが国が誇るすばらしい楽器です。
どこか優しさや思いやりを失った人が多いこの時代からこそ、尺八が本来持っている役割を強く感じています。

強さとはかなさ、そして包み込むような優しさ。尺八の様々な魅力をこれからもお伝えしていきたいと思っています。


吉田長生プロフィール

吉田長生(琴古流尺八奏者)
1983年4月7日生まれ
宮城道雄作曲の尺八と箏といえば誰もが知る「春の海」
その尺八を作曲演奏を担当した吉田晴風を曽祖父にもつ

琴古流尺八宗家竹友社に入門、尺八を始める
川瀬順輔、庸輔両氏に師事
東京藝術大学音楽学部邦楽科別科卒業
NHK邦楽技能者育成会51期卒業
文化庁新進芸術家国内研修制度終了

これまでに紀尾井ホールでの「三曲奨励演奏会」、鎌倉円覚寺落慶式、学校公演等で演奏し、好評を得る
神奈川新聞、タウンニュース、いどばたーね、など多くに掲載され、TVKテレビ神奈川生放送出演やレディオ湘南などでも出演

2014年9月5日より自身の冠ラジオ番組・吉田長生の花鳥fu~月をFM湘南ナパサ(78.3ch)にてスタートさせる
毎週金曜日22時~22時半オンエア

公益社団法人日本三曲協会会員
伝統音楽普及振興活動グループ「竹童」代表

2014年12月〜2015年1月
お正月だよウルトラマン全員集合に参加
邦楽界初のウルトラマンとのコラボする

2015年11月15日
坂本龍馬生誕180年祭に参加
故坂本龍馬記念館館長森健志郎の志を受け継ぎイベントフィナーレ尺八と手筒花火のコラボする